最終日 空港近くのショッピングモールへ寄り道

長いようで、終わってみると幻のような3週間でした。

最終日は、バイヨンヌから国内便でパリへ移動した後、そのまま国際線に乗り継ぐ、という強行スケジュール。予約したバイヨンヌーパリ便が欠航(または大幅に遅延)すれば日本に帰れなかったことを考えると、思い出すだけでひやりとします。

国際便への乗り継ぎ時間が半日ほどあったので、空港近くのAEROVILLE というショッピング・モールで時間をつぶすことに。AEROVILLEへ行くのは楽でしたが、空港に戻るバスがものすごくわかりにくかったので(わかりそうな人に聞いても、正しい情報を持っている人がいない)、時間に余裕があるか、サバイバルが好きな人にだけおすすめします。結局、教えてもらったバスに乗るも、本来行くべきターミナルにたどり着けないことが途中で発覚。大慌てでスーツケースをかかえて途中下車をし、『パリ空港の人々』の最後のシーンのように、空港の周辺をてくてくと歩く羽目になりました(映画のシーンは身軽でしたが、スーツケース(&子連れ)で空港周辺をさまようのは、おすすめしません)。

やっとの思いで、目的地のターミナルに到着。フランス滞在も残すところ数時間。搭乗前直前まで、教材に使えそうなものはないかとあたりをうろつく執着心は、自分でも参りました。

搭乗後、教材探しの使命感から解放されたかと思うと、機内安全動画が素敵すぎるではありませんか!「タブレット機器をしまってください」では、Tablette(de chocolat=板チョコ)が登場するなど、言葉遊びがちりばめられていて、フランス語好きにはたまりませんでした・・・

わずかな体力を振り絞るようにして撮影した写真、どうぞ最後までお楽しみください。

close

ニュースレターに登録
Abonnez-vous à la newsletter

イベント情報・フランス語に関するあれこれを、不定期でお届けします。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA