発音が先か、文法が先か

「フランス語を始めるにあたり『発音』か『文法』のどちらを先に始めたほうがよいですか?」

というご質問をよくいただきます。

初めて耳にしたり目にしたりする表現を、確実に吸収するためには、体験(シミュレーション)が伴っていることが重要です。

ですので、まずは体験に結びつきやすい『発音』や『会話』から入り、身体で覚えたことを確認します。その後に、表現の基盤となっている文法事項を押さえるようにすると、定着しやすいでしょう。 

文法事項を押さえる目的は、学習した表現をそのままの形で吸収するだけでなく、関連表現に目を向け、あなた自身が実際に使える表現に仕立て上げて、応用力を養うためです。

また、『文法』の勉強をするときは、紙の上での勉強だけでなく、文字を見ながら発音をイメージすることが大切です。

特に独学される場合はCD付きの文法の練習問題を使うようにしましょう。

close

ニュースレターに登録
Abonnez-vous à la newsletter

イベント情報・フランス語に関するあれこれを、不定期でお届けします。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。