フランス語で方角を言う

今日は、方角の言い方と、それにつける前置詞の使い分けについてご紹介します。

フランス語の方角の言い方

それぞれの方角はフランス語で、

  • 北 le nord(ル・ノー(ル))
  • 南 le sud
  • 東 l’est
  • 西 l’ouest

といいます。

方角につける前置詞

方角につける前置詞 は2種類あります。一つは、à (冠詞と縮約すると変化します)、もう一つは dans です。

à +方角

à と le は隣同士になると、au に変化します。なので、それぞれの方角に前置詞 à をつけると、

  • au nord
  • au sud
  • à l’est
  • à l’ouest

のようになります。

「à + 方角」は、「(~から見て)方角に」「~の方角側に」という意味になります。例えば、Strasbourg est à l’est de Paris. は、「ストラスブールはパリの東側にあります。」の意味です。「パリの外」にあることに注意しましょう。

dans + 方角

「 dans + 方角 」は、「~の方角に」という意味です。例えば、Strasbourg est dans l’est de la France.は、「ストラスブールはフランスの東にあります。」の意味です。仮に、Strasbourg est à l’est de Paris.といってしまうと、ストラスブールはパリの中にあることになってしまうので、そうならないように注意して à と dans を使いわけましょう。

close

ニュースレターに登録
Abonnez-vous à la newsletter

イベント情報・フランス語に関するあれこれを、不定期でお届けします。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA