フランス語の四季は男性名詞?女性名詞?

J’aime l’été. 私は夏が好きです。なぜなら Je suis née en été. 夏生まれだからです。

今日は、フランス語で間違いやすい四季のポイントについてお伝えします。

フランス語で「春・夏・秋・冬」は、

  • le printemps(ル・プランタン⇐実際は「ル・プハントン」に近い)
  • l’été(レテ)
  • l’automne(ロトンヌ)
  • l’hiver(リヴェー(ル))

といいます。冠詞からは見分けにくいのですが、全て男性名詞です(私だけかもしれませんが、フランス語を習い始めて5年目くらいにそのことを知りました・・・遅)。

冠詞は定冠詞を用います(男性名詞には le をつけます)。母音や無音のhから始まるとl’ を用います。四季の場合、4つ中3つが l’ です。

でも、文の中では前置詞をつけて使うこともあります。たとえば「春は雨が多いです」というときは、Au printemps, il pleut beaucoup. といいます。au は時間を表す前置詞がついた状態です。四季に前置詞をつけると

  • au printemps
  • en été
  • en automne
  • en hiver

となります。en がついていても、男性名詞です(国名のときには、en は女性形の国につくので混同しやすいのですが、四季は男性名詞なので注意しましょう)。なぜ en がついているかというと、母音や無音のhから始まる単語と一緒に発音しやすくするためです。

フランス語は発音を大切にする言語だなあとここでも感心させられます。

Et vous, quelle est votre saison préférée ? あなたの一番好きな季節は何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA