フランス語手帳におすすめのノート

3年前から使っている LEUCHTTURM ブルー(A5方眼)のフランス語手帳。

とうとう最後のページまできたので、新年度に合わせて新調することにしました。

LEUCHTTURM は書きやすく、インクが裏にうつらず、使い心地がとにかく最高なので、次回も LEUCHTTURM 以外は考えていなかったのですが、スペイン人の同僚の先生が同じようなサイズ感の RHODIA を気に入って使っているのを見て、私も RHODIA を試してみることにしました(RHODIA といえばフランスの第二の都市リヨン生まれの老舗文具メーカーですし・・・)。色はTAUPE(フランス語で「もぐら」の意、大好きな色です)か暖色系で迷いましたが、普段あまり選ばないラズベリーで、気持ちを新たにしたいと思います。

ロディア Rhodiarama ゴールブック A5 ドット ラズベリー cf117752

実際に届いて、使ってみてから、LEUCHTTURM との比較などをご紹介したいと思います。

『私だけのフランス語手帳』では、フランス語を使った Bullet Journal の作り方や、フランス語日記の書き方、手帳に書き込めるちょっとしたメモ(TO DO やレシピなど)もご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA